FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ :

--/--/-- -- | スポンサー広告  

お土産を売る首長族

先日、ナイナイ岡村と東野幸治の「旅猿」という
番組に目がとまったのでズルズルと最後まで
見てしまったのだが、なんというか、
時代は動いていると実感した。

タイの奥地に住む首長族、カレン族に会いに行く
というテーマだ。

番組の中でやたらと

観光客慣れしていない首長族

とか言ってるのを変だなとは思いつつ。

しかし、実際に登場した首長族というのは
筆者が昔「すばらしき世界旅行」などで見た
首の長さが常人の2倍はあろうかという
あの金色の首輪をつけ、百科事典などにも
頻繁に登場するアノ首長族そのもの。

ナント、彼らの中にはお土産屋を営んでいる方もいて、
訪れた「観光客」に対して手招きで「呼び込み」も
しているのだ。

しかも、携帯電話で電話をしている人や、
中にはスマホらしき機器を使っている人も。

絶句である(@_@;)

もちろん、彼らも昔の首長族のままではないだろうし、
数十年の年月が経過しているわけで、私たちと同じように
普通に文明化が進んでいるのも当然といえば当然なのだが、
子供の頃にTVを見て感じたあの気持ちが
音を立てて崩れていくかのような感覚だった。

番組の中でも岡村や東野が
「観光客慣れしていない首長族」はどこだ?ということを
番組のテーマにしているような感はあったが、
実際には日本人の多くが昔のTVの影響でイメージ化している
首長族がすでに「観光客慣れ」し、日本人とさほど変わらない
生活を送っていることを視聴者に伝えたかったのかも。

お土産を上手に進める首長族に
目を丸くする岡村や東野の反応が最高に
面白かったが、ジャパン・アズ・ナンバーワンともてはやされ、
その時代錯誤のままでいると、日本はますます
後進国に後退していくのだろうなと感じてしまった。


スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク

2013/03/28 Thu | テレビ番組コメント(0)トラックバック(0)  

NHK朝ドラ「純と愛」の脚本家に怒りを覚えるのは管理人だけ?

管理人は滅多に見ないNHKの朝ドラを
今回はずっと見ているわけだが、2013年3月いっぱいで
最終回が間近に迫った「純と愛」を見ていて、
ドラマとはいえそのあまりの展開に腹が立ってきたので
書かせていただく。

今回の朝ドラ「純と愛」には放送当初から
賛否両論が入り乱れているのはご存じの通り。

しかし、所詮ドラマの世界。
そう目くじらを立てずに見たい人だけ見りゃいいじゃん
と平静を装っていたものの、放送終了が迫り
主人公の夢がようやく叶うというこの山場にきてまで
どこまで主人公を不幸のどん底へ落とせば
気が済むのだろうか。

【送料無料】純と愛(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】純と愛(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税込、送料込)


最初に就職したホテルは身売りの憂き目に会い、
次のホテルは焼失、母親は認知症、父親は事故死、
最後は最愛の夫、愛君の脳腫瘍が発覚…。

脚本家の遊川和彦氏は根っからのサドなのか、
また管理人をはじめ一般の視聴者がこのような
不快な思いをすることをあえて意図しているのか。

それがドラマの面白味につながっていると
酔いしれているのでは?

ところで先日、NHKの番組に主演の夏菜が出演、
夫役の風間俊介が夏菜へ「もう一度「純と愛」の
続きができればいいなと思います」とコメント。

そのコメントに対して夏菜が
「最終回まで見てもらえたらわかると思いますけど
続きが出来ないんじゃないか…」とボソッと意味深な
発言をしていたのだが、遊川和彦は本当に
愛を殺してしまいかねないようだ。

何でもありのドラマの世界とはいえ、
NHKの朝ドラで気分が滅入ったのははじめてだ。

だったら見なけりゃいいのだが、
これが脚本家の思うツボなのだろう。


話は変わるが、愛君役の風間俊介君、
「いつやるか?今でしょ!」の林修先生に
そっくりだと思うのは管理人だけ?
 
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク

2013/03/16 Sat | テレビ番組コメント(0)トラックバック(0)  

「とんび」が今期イチオシの感動ドラマ

今期イチオシの感動ドラマの予感がするのは
TBS系の日曜劇場「とんび」だ。

数年前の大ヒットドラマ、仁-JIN-
豪放な坂本龍馬を演じ、その人気を不動のものにした
内田聖陽が今回は現代劇で登場、かつての龍馬と同じく
不器用ながらも人間味あふれる役柄を演じるようだ。

まだ初回が放送されたばかりだが、
過去と現代をうまく織り交ぜながら
展開する物語はひじょうに小気味よく、
特に最後の場面で登場した佐藤健の子供?の
存在は強烈なインパクトを残した。

このドラマ、展開次第では
もしかすると仁以来の高視聴率を記録するかも
知れない。

今後の展開が楽しみである。
 
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク

2013/01/16 Wed | テレビ番組コメント(0)トラックバック(0)  

トライのCMがうざい

今、TVで放送中の家庭教師のトライのCMをご存じだろうか?

そう、現在40~50代ぐらいの方々にとっては
当時、誰もが涙し、元気づけられたアニメ、
アルプスの少女ハイジをモチーフにした
あの超うざいCMのことだ。

最近、巨人の星やあしたのジョーなど
昔の名作アニメが次々とCMに起用されているが、
管理人の個人的な思いとしては
ハイジだけはこのような茶化したCMに
登場させてほしくなかった。

特に管理人が当時大好きだった
あの不器用で暖かい優しさの象徴だった
アルムおんじが

「それ、すごくねぇ!!」

などと言うはずがなく、
怒りさえ覚えそうになるほどだ。

ハイジをリアルタイムあるいは
頻繁に再放送されていた時代の子供が
ちょうど親の年代になった頃を見越して
当時の国民的人気アニメをCMに起用したという
ところなのだろうが、もう少し内容を考えるべきだ。

トライはCM起用キャラクターを誤った。

個人的に企業イメージがさらに低下したことは
言うまでもない。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク

2012/07/22 Sun | テレビ番組コメント(1)トラックバック(1)  

シーサーにそっくりのチブサトゲクモ

今夜、7月8日放送の関西の高視聴率バラエティー番組、
「探偵!ナイトスクープ」で放送されていた
沖縄の守り神、シーサーにそっくりのクモがいる。

チブサトゲグモ

という名前のクモだ。

これがまたシーサーの顔を背中にくっつけたような姿で
クモと聞けば気味が悪いという印象があるが、
このチブサトゲグモの姿はカワイイとさえ
思えてしまうキュートさ。→ チブサトゲグモの姿はこちら

世の中にはまだまだいろいろな格好をした
昆虫がいるものである。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ :

2011/07/08 Fri | テレビ番組コメント(0)トラックバック(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»

PR

プロフィール

citywalker

Author:citywalker
明るい話題と暗い話題が交錯する毎日。
ネット自営業のcitywalkerが世の中の
オールジャンルの出来事に辛口の
ヒトコトを言わせていただきます。


あわせて読みたいブログパーツ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

テレビ番組 (12)
映画 (8)
スポーツ (5)
政治 (6)
経済 (5)
生活・暮らし (8)
アニメ・マンガ (4)
事件 (6)
仕事 (2)
スピリチュアル/超常現象 (2)
徒然草 (16)
グルメ・食事 (0)
時事・ニュース (9)

スポンサードリンク





RSSリンクの表示

QRコード

QR

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。