スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ :

--/--/-- -- | スポンサー広告  

あまりにも悲しい事件

新聞の訃報欄を調べて、
告別式のある家を狙う空き巣の常習犯が捕まった。

どういう神経をしているのか、
世の中まだまだ捨てたものではないと思う筆者にとって
あまりにもというか、つくづく嫌になる悲しい事件だ。

いくら生活のためとはいえ、他人の、
それもいちばん心が打ちひしがれている人間に対して
おこなう所業かといいたい。

おそらく犯人には人間として当然備わっているはずの
人間としての精神性がもはや皆無なのだろう。

最近の無差別連続殺人事件もそうだが、
犯人には命を奪った被害者に対して謝罪や後悔といった
一切の感情がないらしい。

自分のやってしまった取り返しのつかない犯罪に対して
自分が死刑になるためなどと供述しているケースが多い。

いったいどのような理由でこのような「人間」が生まれるのだろう?
そしてどのような理由でこのような「人間」の手によって
命を奪われなければならない「人間」がいるのだろう?

「狂った社会が生み出した」

それで片付けてよいのだろうか?
われわれはその狂った社会の一員なのだ。

狂った社会をまき戻すために
そろそろ地球の支配者として、人間として、
その精神性を取り戻す努力を一人一人がおこなわなければ
ならない時代に来ているのかもしれない。

もう手遅れか・・・。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ :

2008/11/01 Sat | 事件コメント(0)トラックバック(0)  

Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

PR

プロフィール

citywalker

Author:citywalker
明るい話題と暗い話題が交錯する毎日。
ネット自営業のcitywalkerが世の中の
オールジャンルの出来事に辛口の
ヒトコトを言わせていただきます。


あわせて読みたいブログパーツ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

テレビ番組 (12)
映画 (8)
スポーツ (5)
政治 (6)
経済 (5)
生活・暮らし (8)
アニメ・マンガ (4)
事件 (6)
仕事 (2)
スピリチュアル/超常現象 (2)
徒然草 (16)
グルメ・食事 (0)
時事・ニュース (9)

スポンサードリンク





RSSリンクの表示

QRコード

QR

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。