スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ :

--/--/-- -- | スポンサー広告  

東電に「人の心」というものがあったなら

現在、300万円時代といわれる一般庶民の平均的な年収が
半分の150万円になったら、それこそ大変なところだが、
東電の役員報酬は5割減でも平均2000万円超だそうだ。

何をしても国民は腑抜けだから大丈夫だろうということなのだろうが、
中部大学の武田邦彦氏のサイトより以下部分的に転載させていただく。

---ここから---

東電の役員は今年も一人2000万円の年俸をもらうと言うことです。

まだまだ東電には余裕があります。
これまですでに平均年間4000万円の報酬を受け取っていたのですから、
貯金もかなりあるでしょう.

今年はゼロかマイナスと思っていました。
でも一人2000万円はあるのですから、菓子折やトラック代は出るはずです.

東電役員だけではありません。
部長クラス以上は裕福な生活をしていて、20%カットに止まっています。

「被害を受けた人が、なけなしのお金から旅費を出して逃げ、
被害を出した人が年俸2000万円!?」

そんな社会があるのでしょうか?

私は普段、あまり人の収入などはいわないようにしていますが、
これだけ福島の人が苦しんでいるのに、計画停電で困っているのに、
2000万円はありません。

でも彼らはまだ自分たちがしたことが判っていないのです.


---ここまで---

彼らには「人の心」というものがあるのだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000083-san-bus_all
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ :

2011/05/04 Wed | 時事・ニュースコメント(0)トラックバック(0)  

Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

PR

プロフィール

citywalker

Author:citywalker
明るい話題と暗い話題が交錯する毎日。
ネット自営業のcitywalkerが世の中の
オールジャンルの出来事に辛口の
ヒトコトを言わせていただきます。


あわせて読みたいブログパーツ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

テレビ番組 (12)
映画 (8)
スポーツ (5)
政治 (6)
経済 (5)
生活・暮らし (8)
アニメ・マンガ (4)
事件 (6)
仕事 (2)
スピリチュアル/超常現象 (2)
徒然草 (16)
グルメ・食事 (0)
時事・ニュース (9)

スポンサードリンク





RSSリンクの表示

QRコード

QR

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。